OPPO R15 Pro、R15 Neo VS ZenFone5 スペック比較、違い、評判まとめ

※2018/4/17 自腹で購入したZenFone 5 ZE620KL実機にて検証し、当Wikiの内容を最新情報に更新しました!少しでもご参考になりましたら幸いです。 (おすすめコンテンツ:ZenFone5、ZenFone4、P10lite、デジタル一眼レフ等9台で撮り比べてみた



OPPO R15 Pro、R15 Neo VS ZenFone5 比較、違い、評判まとめ

スペック比較

商品名 ZenFone 5 ZE620KL OPPO R15 Pro OPPO R15 Neo
型番 ASUS_X00QD
愛称
公式スペック表 https://www.asus.com/Phone/ZenFone-5-ZE620KL/Tech-Specs/、台湾版https://www.asus.com/tw/Phone/ZenFone-5-ZE620KL/Tech-Specs/、台湾asus store https://store.asus.com/tw/category/D5686
公式スペック表(日本版) https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-5-ZE620KL/Tech-Specs/ http://oppojapan.com/smartphones/r15pro/specs.html http://oppojapan.com/smartphones/r15neo/specs.html
発表日 2018/2/28@MWC2018、2018/4/12@台湾
発売日 2018年4月12日@台湾(ソース) ※2018/6/24 台湾で「孔劉限定版」(激レア)が発売(ソース
台湾での定価 11990元(約44000円)
ebayでの相場 ZenFone 5 ZE620KL eBay OPPO R15 Pro eBay OPPO R15 Neo eBay
日本での相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場 amazonでの実売価格、■楽天での実売価格、■Yahoo!ショッピングでの実売価格、■ヤフオクでの相場
日本版の発表日 2018年5月15日 2018年8月14日 2018年8月14日
日本版の発売日 2018年5月18日 2018年9月28日 4GBモデルは2018年8月31日、3GBモデルは9月7日発売
日本での定価 5万2800円+税 6万9880円+税 4GBモデルは2万9880円+税、3GBモデルは2万5880円+税
日本版の値引きキャンペーン等 楽天モバイル、■goo SimSeller(goo SimSeller Amazon支店goo SimSeller楽天支店goo SimSeller Yahoo!ショッピング支店)、■ NifMo、■IIJmio、■BIGLOBE SIM 、■LINEモバイル、■DMMモバイル 、■mineo
OS Android 8.0 Oreo/ZenUI 5 Android 8.1をベースにカスタマイズを施した「ColorOS 5.1」 Android 8.1をベースにカスタマイズを施した「ColorOS 5.1」
SoC Snapdragon 636 with AI Boost Snapdragon 660 Snapdragon 450
Antutuベンチ7.0.7 13万9782 約14万 約7万
参考
Geekbench4(Single-Core) 1519
Geekbench4(Multi-Core) 5412
RAM 4GB/6GB LPDDR4X ※日本版は6GB 6GB 3GB/4GB
内蔵メモリ eMCP 64GB ※日本版も64GB 128GB 64GB
ストレージの読み書き速度実測
外部メモリ Supports up to 2TB microSD 最大256GB(※独立スロットではなく、SIM2スロットに入れる。SIMと排他。) microSD 最大256GB(独立スロット
SDを内部ストレージとして利用する機能 ADB接続でコマンドを打てば可能
サイズ 153 x 75.65 x 7.7 mm 156.5 × 75.2 × 8.0 mm 156.2 × 75.6 × 8.2 mm
重量 165g 180g 168g
通信対応バンド ※以下、日本版の対応バンド ※海外版はこちら
2G GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz GSM 850/900/1800/1900MHz GSM 850/900/1800/1900MHz
3G W-CDMA:B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19 WCDMA B1/2/4/5/6/8/19 WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
FOMAプラスエリア対応 FOMAプラスエリア対応 FOMAプラスエリア対応
4G (LTE) ■FDD-LTE ■FDD-LTE ■FDD-LTE
B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28 B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28 B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28
■TD-LTE ■TD-LTE ■TD-LTE
B38/B39/B41 B38/39/40/41 B38/39/40/41
※ドコモ系SIMの通信・通話対応 ■日本版は通話通信問題なく利用可能。Volteも利用可能。 ■管理人の調査では、台湾版は、ドコモ系SIMで通信、通話、ともに問題なく利用可能です! ※公式サイトにはなぜか対応バンド表記なし。2018/4/17ようやく公式サイトに通信対応バンドが掲載されました。(遅すぎ)FOMAプラスエリアに対応しているかどうか管理人が実機で調査してきました。 FOMAプラスエリア対応○、キャリアアグリゲーション利用OK、Volte通話は利用不可。 ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volteは非対応。 ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volteは非対応。
※au系SIMの通信・通話対応について ■日本版は通話通信問題なく利用可能。Volteも利用可能。  ※au系SIMの使用可否まとめ ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volte対応。 ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volte対応。
※ソフトバンクSIMの通信・通話対応 ■日本版は通話通信問題なく利用可能。Volteも利用可能。  ■台湾版は、<3G>WCDMA 1、8 <LTE>1、3、8、28、41対応。通信・通話ともに可能。 ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volte対応。 ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volte対応。
※Y!mobile SIMの通信・通話対応 ■日本版は通話通信問題なく利用可能。Volteも利用可能。  ■台湾版は、<3G>WCDMA 1、8 <LTE>1、3、8、28、41対応。通信・通話ともに可能。 ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volte対応。 ○通話、SMS、通信、問題なく利用可能。Volte対応。
技適通過
SIM Nano SIM+Nano SIM(SIM2スロットにSDを入れる。排他仕様。) Nano SIM x 2、いずれもVoLTEが利用できるDSDV対応。VoLTEは国内3キャリアすべてサポート →その後メーカーから訂正が入り、ドコモVolteは非対応に訂正された。(ソース Nano SIM x 2、デュアルSIMは双方ともVoLTEをサポートするとともに、国内3キャリアのVoLTEを利用できる →その後メーカーから訂正が入り、ドコモVolteは非対応に訂正された。(ソース
DSDS ○DSDV対応!(4G Volte通話/通信 + 4G Volte通話の同時待受が可能!)FOMA SIMは使えない可能性が高いので注意(実機による人柱報告待ち)なんとFOMA SIMが利用可能という複数の報告あり!! ○ DSDV対応 ※FOMA SIMもDSDSで利用可能との報告あり。(ソース ○ DSDV対応(ソース
FOMA SIMの利用 ○(DSDSにて利用可との報告あり) ○(DSDSにて利用可との報告あり)
Triple Slots(SIMスロットとSDカードスロットが独立) × ×(SDカードはSIM2スロットに入れる) ○ SIMトレイはNano SIMが2枚に加えてmicroSDカードも独立して搭載できる3スロット仕様
通信速度 Cat13: DL up to 600 Mbps (ZenFone 5) / UL up to 100Mbps
CA キャリアアグリゲーション対応 ○(mineo dプランSIMで4G+になるのを確認) ※日本版は2波CA ※auのキャリアアグリゲーションには非対応(ソース
VoLTE対応 ○ 日本版は、au Volte、ドコモVolte、SB Volte(Y!mobile Volte)、3大キャリアのVolteに対応。(台湾版は、ドコモVolteは非対応。mineo dプランSIMで発信すると、3Gにフォールバック。) VoLTEは国内3キャリアすべてサポート →その後メーカーから訂正が入り、ドコモVolteは非対応に訂正された。(ソース VoLTEは国内3キャリアすべてサポート →その後メーカーから訂正が入り、ドコモVolteは非対応に訂正された。(ソース
GPS ○ GPS/AGPS/GLONASS/BDS、みちびきに対応してます!(管理人が実機で検証・確認) ○ A-GPS/GLONASS
みちびき対応
無線LAN WLAN 802.11 a/b/g/n/ac 2.4 & 5GHz 802.11a/b/g/n/ac 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac(ソース →結局公式サイトが修正されて5GHzは非対応ということで確定。「2.4GHz 802.11 b/g/n」が正しいスペック
無線LAN 5GHz対応 ○(ソース →結局公式サイトが修正されて5GHzは非対応ということで確定。「2.4GHz 802.11 b/g/n」が正しいスペック
無線LANルーター(テザリング)機能
Bluetooth Bluetooth 5.0 5.0 4.2
aptX対応 ○(管理人が実機で検証・確認) ※LDACでも接続が可能だったという報告あり。 ※当サイト読者様より、LDAC、aptX HDでの接続報告あり。「先日、某家電量販店にて私のZenfone 5をSONY h.ear on 2 Wireless NC (WH-H900N)と接続したところ、LDACで接続されました。また、同様にaudio-technica ATH-DSR9BTと接続したところ、aptX HDで接続されました。」 拡大
Bluetoothテザリング
ディスプレイ 6.2-inch Full HD+ (2246 by 1080) Super IPS+ display(有機ELではなく、液晶です)95.4% NTSC color gamut、support DCI-P3、Corning Gorilla Glass 3ソース 1080×2280 アスペクト比19:9の6.28インチ有機ELパネル、Corning Gorilla Glass 5ソース アスペクト比19:9、表示解像度720×1520ドット表示対応の6.2インチ液晶
ナックルジェスチャー ×
マルチタッチ 10
オンスクリーンキーかどうか オンスクリーンキー
ナビゲーションキーの点灯 物理ナビゲーションキーは無し
飛散防止フィルム なし
背面カメラ(撮像素子) デュアルカメラ ■メイン:Sony flagship IMX363 12MP dual pixel image sensor、RAW file support 、Super Resolution (48MP)、16 AI Scene Detections: food/sky/green field/plant/ocean/sunset/snow/flower/stage/dog/cat/people/text/tripod/QR code/night view ■サブ:超広角担当(詳細不明) 1600万画素(1/2.6インチの大型センサー、SONY IMX519)+2000万画素(高感度用、1/2.8インチ)デュアルレンズカメラ。通常は1600万画素センサーを利用し、暗い場面で2000万画素センサーに切り替わり、4つの画素を1つにまとめて利用することでより明るく撮影できる。ソニー製センサー「IMX519」を採用。16種類200シーンを検出し、シーンに応じて最適の撮影が行なえる「AIインテリジェントカメラ」機能や、さまざまなライティングエフェクトを加えられる「3Dライティング」機能を実装。 1300万画素+200万画素(深度測定用)のデュアルカメラ
ZenFone5 ZE620KL、nova lite 2、honor9、ZenFone4 ZE554KL、ZenFone3 ZE520KL、P10lite、nova lite、Mate8、isai vivid LGV32、デジタル一眼レフ(Nikon D7000)の9台で撮り比べ
背面カメラ(AF、補助センサー) 0.03 seconds phase-detection autofocus、RGB sensor PDAF
背面カメラ(レンズ) ■メイン:F1.8、焦点距離は35mm版換算で24mm ■サブ:焦点距離は35mm版換算で12mm ■16MP:絞りF1.7、焦点距離はフルサイズ換算で25mm ■20MP:絞りF1.7、焦点距離はフルサイズ換算で25mm メインF2.2 +深度測定用サブF2.4
前面インカメラ 8MP、F2.0、焦点距離は35mm版換算で24mm、face unlockに対応 2000万画素。ソニー製「IMX476」。レンズはf/2.0、フルサイズ換算20mmの超広角レンズ。「AIビューティーモード」がバージョン2.0に進化し、性別、年齢、肌など296箇所の顔の特徴を識別し、800万通りのビューティ効果を実現する。 800万画素、F2.2、「AIビューティーモード」バージョン2.0
顔認証ロック解除機能
動画撮影 4K UHD (3840 by 2160) video at 30 fps for main rear cameras、1080p FHD video recording at 30 / 60 fps、ZeniMoji: Live Emoji 2160p@30fps、1080p@60/120fps、720p@240fps
手ぶれ補正(リアカメラ) 4-axis 4 stops optical image stabilization(光学手ブレ補正)
USB Type-C microUSBなので注意 microUSBなので注意
USBホスト (管理人が実機で検証・確認。USBマウス、キーボード、USBフラッシュメモリ、SDカードリーダー) ○(ソース
USB DAC (管理人が実機で検証・確認。管理人が動作確認したのは、Creative Sound Blaster E5
映像出力 MHLは×非対応、USB Type-C DisplayPort出力は×非対応、miracastのみ(管理人が実機で検証・確認済み)
Miracast
PCモード機能(外部ディスプレイに接続してPCのように使う) ×
ヘッドホンジャック 3.5mm 3.5mm
サラウンド DTS Headphone:X ハイレゾ対応○
デジタルノイズキャンセリング機能 ×
スピーカー ステレオスピーカー
FMラジオ ○(通知バーのクイック起動の中に、「FMラジオ」というアイコンがあり、そこから起動する) ×
バッテリー容量 3300mAh with fast charging 3430mAh 4230mAh
ユーザーが自分で電池交換 ×
クレードル(卓上ホルダ) ×
置くだけ充電(ワイヤレス充電、qi) ×
急速充電(5V 2A)
急速充電2(QuickCharge 2.0、9V-12V高電圧急速充電) なんと○
急速充電3(QuickCharge 3.0、3.6V-20V高電圧急速充電) なんと○
USB PD(USB Type-C Current@3A なんと○でした!(実測で9V 1.67Aなので、USB Type-C Current@3AではなくUSB PD)(USB PD 充電器を探す
詳しい充電仕様まとめはこちらASUS純正ACアダプタ(別売り)で高電圧超急速充電(9V2A、実測9V1.6A)が可能。なんとQuickCharge 3.0での充電も可能でした(実測9V1.4A)。5無印は、付属のACアダプタは5V2A 10Wなので、高電圧超急速充電(9V2A 18W)が必要ならASUS純正ACアダプタ(別売り)またはQC3.0対応充電器(AnkerのでOK)を別途買う必要がある。さらに、USB PD充電も可能でした(実測で9V 1.67Aなので、USB Type-C Current@3AではなくUSB PD)!(USB PD AC充電器を探す ※30分で60%の充電が行なえる急速充電機能「VOOCフラッシュチャージ」対応(OPPO独自方式) ※急速充電「VOOCフラッシュチャージ」には非対応なので注意(ソース
NFC ○ Felicaにも対応
Felica(おサイフケータイ) × FeliCa搭載によるおサイフケータイ対応 ×
赤外線 ×
防水 × IPX7準拠の防水機能! IP67 dust/water resistant ×
防塵 × IP67 dust/water resistant
指紋認証センサー ○(本体背面) ○(本体背面)
対応センサー Front fingerprint sensor (0.2 seconds unlock/supports 5 fingerprints)/Face recognition/Accelerator/E-Compass/Gyroscope/Proximity sensor/Ambient light sensor/RGB sensor  拡大
Pokemon GO対応 ○ ジャイロ対応、フォントも日本語フォント
日本の緊急地震速報(ETWS)
DLNA
ストラップホール ×
簡易留守録(本体に留守録、伝言メモ) ×
デフォルトの電話アプリに通話録音機能がついているか
節電機能
フォント変更機能 ○(管理人が実機で検証・確認)※任意のフォントに変更する方法
カラーバリエーション Meteor Silver / Midnight Blue ※2018/6台湾で特別色「雪花白」発売 カラーはパントーン社のトレンドカラーに指定されているパープルと、OPPOの定番カラーでもあるレッドの2色 ダイヤモンドピンクとダイヤモンドブルーの2色
同梱品 USB ACアダプターセット、SIMイジェクトピン、クリアケース、ZenEar Pro、ZenEar Pro交換用イヤーピース、ユーザーマニュアル、製品保証書 イヤホン / マイクロUSBケーブル / VOOCフラッシュ充電システム(ACアダプタ) / SIMカードツール / クイックガイド / ケース / 重要情報、保証カード付冊子 充電器 / マイクロUSBケーブル / SIMカードツール / クイックガイド / ケース / 重要情報、保証カード付冊子

外観比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

Powered by FreeStyleWiki